スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

HGHデルタバランスの特徴とは!

身長サポートサプリメントとして口コミで評判のHGHデルタバランス!背を伸ばす3大要素というものがあるらしく、それは睡眠・運動・栄養の3つ!確かに思春期の身長の伸びは、この3つが非常に大事とされています。どれか1つでも欠けると身長が伸びないとも言われますからね!さらに加えるなら、ストレスの無い生活というのも大事かもしれません!この生活のうえで背を伸ばす3大要素が実践できれば、身長にもいい影響を与えることが容易に想像できます。HGHデルタバランスは、成長に不可欠とされるビタミンやミネラルを妥協することなく配合しているらしく、全50種ほどの栄養成分を配合しているそうです。また成長ホルモンの分泌が強く促すといわれるアルギニン・グリシン・グルタミン・オルニチンの4素材もしっかり配合しているみたいですね。かなりこだわりの成長ホルモンといえそうです!
スポンサーサイト

タグ : HGHデルタバランス,

| HGHデルタバランス | TOP↑

身長を伸ばすために必要な栄養素!タンパク質やカルシウムだけじゃない!

子供の成長期に必要な栄養素(身長を伸ばすために必要な!)といえばタンパク質やカルシウムがありますが、これだけではありません。亜鉛やマグネシウムなども必要みたいですね。特に亜鉛ですが、海外のデータらしいですが、背が高い人と低い人の体内の亜鉛量を調べたそうです。すると背の高い人の方が亜鉛量が多かったというデータがあるそうです。亜鉛は、体内の酵素の働きを助け、身長を伸ばすために成長ホルモン分泌を促す働きがあるそうです。また亜鉛不足になると、食べ物の味に鈍くなるそうです。これが食欲不振につながることもあるそうですね。特に成長期の食欲不振は、身長の伸びに大いに関係があるので避けたいところ!カキ・牛豚のモモ肉・納豆・鶏レバーなどに亜鉛は含まれるので食事の際には意識しておきたいところ!また最近人気のHGH(成長ホルモン)サプリがHGHデルタバランスですね。HGHシールドは、アンチエイジング効果が期待できると評判です!

タグ : HGHサプリ, 成長ホルモン,

| 身長を伸ばす方法 | TOP↑

身長と睡眠の関係!成長ホルモンの分泌に睡眠は欠かせない?

大人にとっての睡眠は、健康と美容のために必要なことですが、育ち盛りの子供にとっての睡眠は大人のそれとはかなり意味合いが違ってきます。特に成長期の子供の場合、睡眠は成長ホルモンの分泌を促進するだけでなく、骨休めの意味があるようです。

ただ成長期の子供が1日中睡眠していれば身長が伸びるかというとそれは無く、理想の睡眠時間というものがあるそうです。

一般的に幼児の理想的な睡眠時間は、10時間以上といわれ、朝は自分で起きるのが望ましいとされています。また幼児の昼寝は、2時間程度がよいとされています。

さらに小学校低学年の時期では、10時間前後の睡眠が理想的とされています。そして小学校高学年から中学生にかけては、9時間半ほどが理想的とされています。特に中学生あたりの思春期の子供は、一番身長が伸びる時期でもあるので、睡眠を大事にしたいところです。

なお思春期の終わり頃なら8時間程度でも十分といわれています。なお大人の場合、7~8時間程度が望ましいそうですが、すっきり目覚めることができるならそれよりも短くてもいいみたいですね。

また睡眠と身長の関係でいえば、ヨーロッパの方では、子供の睡眠時間が10時間以上といわれていますね。対して日本の場合は、10時間以上睡眠をとっている子供のほうが少ないわけですが、これが大人になってからの身長差となるのかもしれませんね。

睡眠によって成長ホルモンの分泌が促進されることがわかっているので、子供には10時間以上の睡眠をとらせたいものです。ただ最近は、テレビゲームや深夜番組などを見る子供も多いらしく、子供の睡眠時間が少なくなっている感じもします。

特に睡眠前のテレビゲームは、精神的に興奮状態になるため良質な睡眠という点では好ましいこととはいえません。さらに興奮するため逆に寝付きが悪くなるケースもあるそうです。ここは注意したいですね!

さらに例え昼間のゲームにしてもストレスを感じさせるゲームは、成長にも好ましくないといわれています!良質な睡眠というのは、実は奥が深いものなんですね!

タグ : 成長ホルモン, 睡眠,

| 身長を伸ばす方法 | TOP↑

身長が伸びる仕組み!骨端線について!

身長が伸びるためには、骨端線があることなんて聞いたことはありませんか?身長が伸びるのは、この骨端線が伸びることによるものだそうです。この骨端線は、骨の先っぽの境目の部分にあるそうですが、大人(思春期以降)になるにつれて無くなっていくそうです。

医学的には、この骨端線がある時期が身長が延びる成長期なんて言い方もしていますね。一般的に男性は17歳~18歳、女性は15歳~16歳ぐらいまで骨端線が残っているといわれています。ただ個人差もあるそうですね。

これは20歳を超えて身長が伸びる方がいることからも分かります。ただ遅くても男性25歳ぐらい、女性22歳ぐらいといわれています。なお骨端線は、レントゲンで簡単に確認することができるようですね。

そのため身長を伸ばすなら、やはりこの骨端線が残っている時期までに成長ホルモン(例えばHGH-21 Programなど)と活用すると効率的に伸ばすことができそうな気はしますね。実際に成長ホルモンで身長を伸ばすことができた子供の多くは、この骨端線が残っていると思われる時期ですからね。20代後半以上になると、どんなに成長ホルモンを活用しても劇的に身長が伸びることは無いみたいです。伸びても数ミリなんてケースが多いようですが・・・

タグ : 骨端線,

| 身長を伸ばす方法 | TOP↑

身長を伸ばす方法!身長と遺伝は関係ある?どんなことすればいいのか?

身長と遺伝が関係あるといわれていますが、実際はどうなんでしょうね?ただ調べてみると、確かに慎重は遺伝と関係があるようですが、あくまでも『そうなりやすい体質』をp受け継いでいるに過ぎないということ!

そもそも身長を伸ばす方法というのは、生活環境が大きく関係しており、成長を促す生活を送っているかどうかが一番のポイントになるそうです。なお実際に身長と遺伝を割合で示せば、遺伝が2割で生活環境が8割というのが本音みたいです。

特に身長を伸ばす一番のポイントは、成長ホルモンの分泌を増やして骨を育てることになります。特に子供の身長を伸ばす方法としては、栄養摂取と運動のバランスがとれた生活と、いかにストレス(負担)を感じさせないかが大切になるそうです。

なお一般論として最終身長になる年齢ですが、男性(18~19歳)・女性(15~16歳)といわれています。ただ20歳を超えても身長が伸びるケースもあるので、少し個人差もあるようです。

また子供の身長を伸ばす方法の1つに睡眠があります。実は、日本の子供は世界で一番睡眠時間が少ないというデータがあるそうです。例えば、小学校(高学年)の睡眠時間を調査したデータがあるのですが、世界の子供は9時間以上(ヨーロッパの子供は10時間以上!)の睡眠時間があるそうです。それに対して日本の子供は、10時間以上寝ている子供の割合は4%程度、さらに8時間未満の睡眠時間の子供も30%程度もいるそうです。『寝る子は育つ』というのは俗説のように扱われていますが、実は、身長を伸ばす方法と大きく関係があるようです。

なお『ぶら下がり健康器』で身長が伸びるかについては、骨組織が伸びるわけではなく骨の軟部組織が膨張しているだけなので、あれに関しては俗説といえそうです。あくまでも背が伸びたような気がするだけだそうです・・・

タグ : 身長を伸ばす方法,

| 身長を伸ばす方法 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。